Event is FINISHED

鼎談「楽しみのある人生」

Description
話題の西本親子がついに登場。カメラの魅力と趣味を通じた友だちづくりについて話す。

■ゲスト
西本 喜美子氏(写真愛好家)
西本 和民氏(アートディレクター)

■コーディネーター
山崎 亮(studio-L代表/社会福祉士)


■ゲストの紹介
西本喜美子
1928年、両親が農業指導のために渡ったブラジルで生まれる。
8歳で帰国。美容院開業、競輪選手を経て、27歳で結婚し専業主婦に。
72歳のときにアートディレクターである長男が主宰する写真講座「遊美塾」に参加し、初めてカメラに触れる。
82歳のときに熊本県立美術館分館にて初の個展を開催。
遊美塾の宿題に提出した自撮り写真が世界中で話題になり、フォトエッセー「ひとりじゃなかよ」が出版される。
著書「ひとりじゃなかよ」は2017年熊日出版文化賞を受賞。
2016年に世界的企業adobe社の2017年年賀状キャンペーンのアートディレクターに就任。
2017年12月〜2018年1月まで、東京新宿のエプソンイメージングギャラリーで個展を開催。
2018年6月、愛知県春日井市 文化フォーラム春日井個展を開催。
両展ともに来場者数の新記録を達成。
数々のテレビ番組で紹介され世界中の注目を集めている。

西本和民
グラフィックデザイナー/フォトグラファー/日本タイポグラフィー協会会員
デザイン事務所「有限会社ディビナブランチ」代表
写真&アート教室「遊美塾」主宰
熊本市出身
金沢市立金沢美術工芸大学 卒業
CDジャケットの撮影やデザインを中心に活動。
これまでに担当したアーティスト数は300を超す。
制作したCDジャケットを集めた作品集「MIND」が出版された。
1997年から故郷である熊本にも拠点を持ち、写真撮影テクニックやデジタルアートを教える「遊美塾」を開校。
多くの写真作家を輩出してる。西本喜美子もその一人。
2012年、父の死去に伴い拠点を熊本に移す。
デザイン活動と並行して「遊美塾」も継続。
現在は、東京・名古屋・大阪・広島・福岡・熊本の6都市で開校している。
現代写真文化の変化に合わせた指導で、全受講生320名の9割が女性である。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#413676 2019-02-27 06:42:44
More updates
Thu Mar 21, 2019
3:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
アーツ千代田3331 コミュニティスペース
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
東京都千代田区外神田6-11-14 Japan
Organizer
おいおい老い展 生き方・介護・福祉のデザインを考える5日間
882 Followers